スバル レヴォーグ カー用品ならまかせんしゃい。

カー用品取り付け専門店オートガレージ110のブログ。作業日記やカー用品の紹介など。



WELCOME

ようこそ!カー用品取り付け専門店のブログへ!
満足いく情報があるかは・・・?ですが^^; 日々の作業を日記で綴ってます。
そんな感じではありますが、どうぞごゆっくり。
お探しの情報は下のサイトからも収集できますよ。よろしければ是非!
おかげさまでTOP10入りできました→カー用品人気ブログランキング
専門的なこだわりブログも多いですね→車ブログ カー用品・装備

※ブログに掲載しています情報についてのご質問は、電話やメールではお受けしていません。
  
ホーム > カテゴリー - スバル レヴォーグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◇ブログランクングに参戦しています(*´▽`*)
当ブログを応援していただける方は、是非↓のバナーをクリックしてみてください。
当ブログに一票投票されます凸ポチっとなw
にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ        
清き一票感謝しますm(_)mペコリw





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レヴォーグへのデッドニング施工

本日はスバルのレヴォーグへのデッドニング施工となります。
スピーカー交換なども行っていますが、今回はデッドニングのみのご紹介とします。

■スバルレヴォーグ
IMG_3649-1.jpg IMG_3650-1.jpg
レヴォーグは人気ありますね。
フロント周りの精悍な顔つきと走りの軽快さが人気の秘訣でしょうか。
今回はこちらの車両へ施工を行います。

依頼されたのは、カーナビの取り付けとスピーカー交換、さらにデッドニングの施工となります。
カーナビはパナソニックのCN-F1Dとなり9型の大画面モデルになります。(機会があればまたブログで紹介します)
スピーカー交換の際にツィーターを純正位置に設置して欲しいとの事でしたので、ツィーター用のバッフルを製作して設置する予定だったんですが、この方法だとツィーターがうまく収まらず設置できないため、鉄製ブラケット(ステー)を製作して純正位置に取り付けました。


デッドニング施工前 純正ドア
IMG_3654.jpg
それではデッドニングをはじめます。
画像を見ていただければ分かるかと思いますが、純正のドア内側は透明なビニールとクッション材で蓋がされている状態です。
これだと、雨などの水対策は大丈夫だともいますが、音がやたら抜けます。
また、アウターパネルは特に何もなく鉄板のみなので音の跳ね返りや外の音も通しやすいといった音響的にはあまり良い状態ではありません。
この辺りをデッドニング施工で改善して行きたいと思います。


デッドニング施工後
IMG_3655.jpg
デッドニング施工を完了するとこんな感じになります。
見た目にも一目瞭然かと思いますが、完全に音抜けをなくしています。
いわゆる密閉型となります。
ドア内部は制振材や吸音材を使用してスピーカー背部からの音を極力消しています。
密閉型だと低音が出にくいという意見もあるようですが、体感的にはそこまで出ない印象はありません。
音のメリハリも出てとても聞きやすい感じになります。

スピーカーをグレードアップする際は、デッドニングも検討してみると良いと思いますよ。
デッドニング自体はメイン料理ではなくスパイス的な感じなので、それだけでは効果が薄いのですが、メイン料理+スパイスが融合した時、初めて本来の味(力)が発揮できると思います。
車内の音響をアップすることで一段とドライブが楽しくなりますよね。


■デッドニングをはじめ、その他音響アップもご相談ください。
カー用品の販売・買取・修理・取り付け、持ち込み品も大歓迎!
静岡県浜松市のオートガレージ110へ



◇ブログランクングに参戦しています(*´▽`*)
当ブログを応援していただける方は、是非↓のバナーをクリックしてみてください。
当ブログに一票投票されます凸ポチっとなw
にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ        
清き一票感謝しますm(_)mペコリw

スポンサーサイト




[ 2016/10/09 09:03 ] スバル レヴォーグ | TB(0) | CM(0)

スバル レヴォーグ(VM系) バックカメラ取り付け

スバルのレヴォーグ(VM系)へバックカメラを取り付けていきます。
バックカメラはライセンスガーニッシュに穴あけ加工を行い、カメラを埋め込んで取り付けますので、リヤハッチの各部パネルの取り外しが必要となります。
それでは作業を開始します。

■リヤハッチ部の内張りの取り外し
IMG_2317.jpg IMG_2313.jpg
まずはリヤハッチの内張り(パネル)を外していきます。
上部のパネル→サイドパネル→下段(一番大きな)パネルの順に外します。
バックカメラの取り付けの際には必ず外す必要があります。

■ライセンスガーニッシュの取り外し
IMG_2314.jpg 
ライセンスガーニッシュを取り外します。
スバル車の多くが同じ方式で固定されています。
基本的にはクリップ止め+ナット数箇所で固定されています。
ナットを外し、クリップを外していくのですが、クリップがかなり硬いので注意です。
ガーニッシュの外側から徐々に浮かせていき、1つずつクリップを外していきます。
ガーニッシュが外れると左の画像のような感じになります。

■バックカメラの固定
IMG_2315.jpg
バックカメラを固定していきます。
事前に位置決めしておいた位置にカメラを固定します。
配線は元々あるグロメットに穴を開けそこから室内へ通線します。
穴を開けたグロメットから雨などが侵入しないように防水対策をしておきます。

■ガーニッシュの穴あけ加工
IMG_2316.jpg
ガーニッシュにカメラを埋め込めるだけの穴を開けます。
画像は既に穴を開けた状態です。
ドリルやのこぎり等を使用して必要最小限かつ綺麗に切り抜きます。

■バックカメラ取付終了
IMG_2318.jpg
外したガーニッシュやパネル類を元通り組み上げれば完成です。
ただ、組み上げるのはカメラチェックを行った後がいいと思います。
先に組み上げてしまうと、カメラの角度調整ができなくなりますので、最悪の場合、再度ばらさないといけないなんてことにも!そうならない為にも事前にカメラチェックを行った方がいいです。

このような感じでレヴォーグのバックカメラの取り付けは完成となりました。

★レヴォーグへのバックカメラ取り付けもお任せください★
カー用品の販売・買取・修理・取り付け、持ち込み品も大歓迎!
カー用品のことならオートガレージ110へ








◇ブログランクングに参戦しています(*´▽`*)
当ブログを応援していただける方は、是非↓のバナーをクリックしてみてください。
当ブログに一票投票されます凸ポチっとなw
にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ        
清き一票感謝しますm(_)mペコリw





[ 2014/11/15 17:49 ] スバル レヴォーグ | TB(0) | CM(0)

スバル レヴォーグ(VM系) カーナビ&DSRC取り付け

■スバル レヴォーグ(VM系) カーナビ&DSRC取り付け
IMG_2310.jpg IMG_2311.jpg
スバルのレヴォーグ(VM系)へカーナビとDSRCを取り付けます。
知り合いも乗ってますが、結構人気が高いようで、納車まで結構待ったらしいです。
そんな感じでしたので、レヴォーグは当店では今回が初作業となります。
カーナビの取り付けにはナビ取付キットを使用しています。レヴォーグで使える取付キット詳しくはこちら

IMG_2312.jpg IMG_2319.jpg
新車オーディオレスとなってます。
オーディオパネルには保護シートも貼られていて、納車したばかりといった感じですね。
レヴォーグのオーディオパネルは開口部幅180ミリとなりますので、ワイドDINのカーナビ等は入りません。
通常の2DINサイズのカーナビのみ取り付けることができます。

■オーディオパネルの取り外し
IMG_2320.jpg IMG_2321.jpg
それではオーデイオパネルを取り外していきます。
このパネル実は結構簡単に外れます。
エアコン吹き出し口及びオーディオ開口部及びエアコン操作部が一体のパネルになってますので、手前に引き抜いて外します。
パネルの下側から外していくと外しやすいかと思います。

■主な注意点と車速位置など
IMG_2323.jpg IMG_2324.jpg
各種配線など細かな箇所の説明は省きます。
注意点として、スバル車で注意したいのが、純正のラジオアンテナの位置です。
ラジオアンテナはオーディオレス車の場合、助手席側センターコンソール付近カーペットをめくった辺りにあります。
わかりにくいですので、左の画像を参照してください。
カーペットをめくった所のカプラーが、ラジオアンテナです。
アンテナ線が短く、カプラーも変換する必要があります。取付キット内のアンテナ変換を使えば問題ありません。
レヴォーグで使える取付キット詳しくはこちら

車速/リバース/パーキング信号は、運転席のエンジンスタートスイッチの裏側あたりにある15Pカプラー(遊びカプラーでテープで固定されている)より取り出せます。
取付キットを使うことで、同封されている車速取り出しカプラーより車速/リバース/パーキング信号を取り出すことができます。レヴォーグで使える取付キット詳しくはこちら

■完成
IMG_2327.jpg IMG_2325.jpg
ナビの取り付けが完了すると左の画像のような感じになります。
DSRCはパナソニックの物を使ってケンウッドのナビと連動させています。
また取り付け位置は純正位置へ取り付けとなります。
これは純正のETC取り付けキットH0017VA910(5,000円+税)を使用することで、この位置へ取り付けることができます。

★レヴォーグのカーナビ取り付けなら当店にお任せ下さい★
カー用品の販売・買取・修理・取り付け、持ち込み品も大歓迎!
カー用品のことならオートガレージ110へ





全国のカーナビ持ち込み対応可能なショップはこちらから





◇ブログランクングに参戦しています(*´▽`*)
当ブログを応援していただける方は、是非↓のバナーをクリックしてみてください。
当ブログに一票投票されます凸ポチっとなw
にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ        
清き一票感謝しますm(_)mペコリw





[ 2014/11/07 18:40 ] スバル レヴォーグ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ブルー

Author:ブルー


カー用品ならお任せ下さい。
カーナビ・カーオーディオ・その他
持ち込みカー用品も大歓迎!
静岡県浜松市東区中野町4205-1
オートガレージ110
ショッププロフィールを詳しく見る

管理人のプロフィールはここから

検索フォーム
ツリーカテゴリー
タグクラウド
RSSクラウド



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。